XM.COM特集





追証が発生しないシステム



dsdsXEマーケットは、FX海外として人気の高かったトレーディングポイントの進化版です。XMで転売や、トレーディングポイントよりも、さらにレバレッジやボーナスが魅力的なものになっており、サービスも充実しています。充実したサービスの中でも特筆すべきなのは、追証ゼロサービスです。

XEマーケットでは、損失は預け入れ金額までに限定されており、追証が発生しない仕組みとなっています。高いレバレッジやボーナスと追証が発生しないサービスの両方が確立されており、安心かつ魅力的なFXであるといえるでしょう。日本のFX業者で取引する場合でも、損失を最小限に食い止めるためのシステムが導入されています。

証拠金が預け入れた金額の一定割合を下回った場合には、「マージンコール」と呼ばれる警告が発動します。マージンコールが発動された場合、追加で証拠金を入金するか、「ロスカット」といって強制的に決済させてポジションをたたむかを選択できます。つまり、追証を入れて取引を継続するか、損失を確定させて取引を終了するかを選べるのです。これにより、いつのまにか損失が拡大しているというようなことが防げます。

しかし、ロスカットを選択した場合にも、必ずしも損失を確定させて決済できる保証はありません。強制決済のために逆指値の注文を出しても、為替レートなどが急激に変動して、注文と大幅に異なる不利なレートで約定してしまうスリッページが起きてしまい、損失がさらに大きくなってしまったというような事例もないわけではありません。結果的には、ロスカットできず、さらに多くの追証が発生してしまう可能性があるということです。

これに対して、海外のFX業者のほとんどで、追証ゼロサービスが導入されており、標準的なサービスとなっています。仮に追証が必要な状況になっても、そのリスクは業者が負うので、追加で証拠金を入金する必要がないのです。XEマーケットでは、損失確定させるレベルが設定されています。いずれの口座でも、決済前のポジションの証拠金が、総額の20%を下回った場合、強制的に決済し、ポジションをたたむシステムとなっています。

仮に注文時から約定時までの間に大きく相場が変動し、その間に損失がふくらむ事態が生じたとしても、追証は発生せず、証拠金がゼロとなるところで損失がカットされます。また、XEマーケットでは、MT4やウェブトレーダー専用ツールなどの取引ツールが一つの口座で利用できるようになっています。さらに、XEマーケットでの取り扱い銀行は、イギリス最大手のBarclaysであり、キプロス証券取引委員会にも認可されていることから、投資関連のイベントにも参加することができます。このことからも、信用度が非常に高いことがわかりますし、今後ますます発展することが期待できるでしょう。FX初めてには、このブローカーから始めることをお勧めします。 

 



 

取引口座

  • FXをするためには専用の取引口座が必要になっています。

    それらの口座開設はどこの会社であっても基本的に無料で行うことができます。

    登録はインターネット上で指示に従いながらすれば簡単に登録することができます。

    登録が完了すれば、数日後にログインに必要な情報を郵送で送ってきます。

    送ってきたIDなどを使えばログインできるので、入金をしていなくても、トレードシステムは利用することはできます。

    実際にトレードするには専用の口座にお金を入金する必要があります。

skyb