XM.COM特集





XEMarkets での資金管理




dsds金量が少ない状態でFX取引をする場合には、最大レバレッジ888倍を選択 しましょう。実行レバレッジは自身でコントロールしますが、制度上のレバレッジ幅は大きいほうが取引がやりやすくなります。

制度レバレッジが大きいと、使用する証拠金は小さくなりますので、他にポジションをたてることも可能ですし、取引の選択肢が増えます。

もう少し簡単に説明すると、たとえば1ドル=100円のレートで外貨預金をする場合、1万ドルを購入するには100万円の資金が必要になります。しかし、FXは信用取引ですので、少ない証拠金を入金することで大きな取引を行うことが可能です。

たとえば、レバレッジ200倍であれば、5000円の証拠金を入金することで、1万ドルの取引を行うことができるのです。仮にレバレッジが1000倍であれば、1000円の証拠金を入金することで、1万ドルの取引を行えるということになります。

ということは、レバレッジが大きければ大きいほど、少ない資金で大きな取引を行えるということです。もちろんレバレッジが大きければ大きいほどリスクも大きくなりますが、リスク軽減策はありますので、その対策を講じつつ、大きく取引できる選択肢を確保しておくことをおすすめします。FXとは奥が深いですね。レバレッジとうまく付き合っていく術を書いたブログがあります。経験豊富なトレーダーの体験談、例えばハイローオーストラリアなど。このような視点について読むのも勉強になると思います。

もう一つ、XEマーケットで取引を始める場合のアドバイスがあります。XEマーケットにて口座開設を行う際には、初回預け入れ予定額は2万ドル以下にするほうがよいでしょう。これは、マイクロ口座でもスタンダード口座でも同様です。

実際には、初回は1万ドルのボーナスがありますので、1万ドルを入金したとしても、残高は2万ドルになります。XEマーケットでは、1万円を入金して、1000通貨(0.01ロット)のみならず、1万通貨(0.1ロット)取引も可能ですので資金が少なくても大きな利益が狙えて、充実した取引ができます。 

 



 

取引口座

  • FXをするためには専用の取引口座が必要になっています。

    それらの口座開設はどこの会社であっても基本的に無料で行うことができます。

    登録はインターネット上で指示に従いながらすれば簡単に登録することができます。

    登録が完了すれば、数日後にログインに必要な情報を郵送で送ってきます。

    送ってきたIDなどを使えばログインできるので、入金をしていなくても、トレードシステムは利用することはできます。

    実際にトレードするには専用の口座にお金を入金する必要があります。

skyb