XM.COM特集





自分に合ったトレードスタイル実現


dsdsXEマーケットには、たくさんの魅力があります。そしてその中でも魅力的な ことは、最大で888倍の高レバレッジと、米ドル/円などの主要通貨ペアのスプレッドが1ピップからの狭いスプレッドになっていることです。この組み合わせは、FXトレーダーにとって最強ものと言えるでしょう。FXトレーダー初心者から、ベテラントレーダーまでの、誰にでもおすすめできる海外FX業者がこのXEマーケットです。オンラインで見る事が出来るランキング等どこを見ても、このブローカーはいつも上位に位置しています。

そしてマルチアカウント・マネージャーソフトを利用すれば、MT4やウェブトレーダー、そしてモバイル端末向けの専用アプリで使う取引ツールの複数のアカウントを、すべて1つの口座で管理できるのです。MT4の利用はもちろん無料ですので、システムトレードも、気軽に簡単に始めることができます。

XEマーケットでは、資金額やトレードスタイルに合わせたトレードがやりやすいように、3つのタイプの口座を用意しています。少額で小規模な取引を行いたい人のための「マイクロ口座」、それよりも大きな金額のトレードをするための「スタンダード口座」、さらに大きなトレードを目的とする人のための「エグゼクティブ口座」の3つです。

引用: ボラティリティ.com

888倍のスプレッドを利用するには、マイクロ口座かスタンダード口座を利用し初回預託金額が「5ドル~20,000ドル」でなければなりません。これらの口座で初回預託金額が「20,001ドル~100,000ドル」の場合は、最大で200倍までのレバレッジとなります。この2つの口座の違う点は、取引通貨単位がマイクロ口座では1,000通貨、スタンダード口座では10,000通貨となる他に、チケット毎のロット制限が、それぞれ100ロットと50ロットまでになる点です。

エグゼクティブ口座については、初回預託金額が100,000ドル以上、取引通貨単位は100,000単位、最大のレバレッジは100倍、チケット毎のロット制限が50ロットになります。

これらのどの口座においてもスプレッドの設定は共通で、通貨ペアによって異なりますが、ドル/円などの人気主要通貨ペアを始めとして、最低で1ピップからとなります。またいずれの口座でも、取引手数料は無料ですので、余計な取引コストをかけることなく、FXトレードが行えます。 

 



 

取引口座

  • FXをするためには専用の取引口座が必要になっています。

    それらの口座開設はどこの会社であっても基本的に無料で行うことができます。

    登録はインターネット上で指示に従いながらすれば簡単に登録することができます。

    登録が完了すれば、数日後にログインに必要な情報を郵送で送ってきます。

    送ってきたIDなどを使えばログインできるので、入金をしていなくても、トレードシステムは利用することはできます。

    実際にトレードするには専用の口座にお金を入金する必要があります。

skyb