XM.COM特集





自分の資産を守ることは自分の人生を守ること! FXで「損を広げない」ための必勝法とは


始めは恐る恐る余裕のある資金のみを使ってFXを始めた方でも、1度利益が出ると、今度は利益を得ようとすることばかりに目が向いてしまう傾向が多々あります。これはもう初心者の必ず通る道といっても過言ではないとは思いますが、正直なところ、「そこをあえて避けて通った人」だけが生き残っているのが現実です。

たかがお金、されどお金。現金で買い物をするのと違い、FXは証拠金の取引であるために、損をした場合でも数字以上の逼迫感が感じられなくなってしまうという落とし穴があります。けれどもいくら画面上での損失でも、それは生活に直接関わってくる可能性のある損失だということを肝に銘じておきましょう。


■損失を広げないためとの必勝法とは

それは「迷わず損切りをすること」です。「損切り」とは、損が出始めたらポジションを手放すことをいいます。つまり、損切りというのは損をなくすというわけではなく、損を出しながらも最低限の損失で乗り切る、という手法なわけです。


▼「損切り」は自分との戦い

「えっ、損が出そうになったら早めに手放すなんて当たり前じゃん?」

と、FX未経験の方は思われるかもしれません。けれども実際FXを始めてみると、なかなか損が出た状態で手放す勇気を持てない方が多いのです。また盛り返すのではないか……という根拠ない希望とともにタイミングを逃してしまうんですね。こういった意味で、損切りは上級トレーダーにとっては当たり前のことでも、初心者トレーダーにとってはまさに自分との戦いとなります。


▼どうしても「損切り」が苦手なら

システムトレードや指値注文の選択肢を考えてみるのも手です。システムトレードは設定しておいた通りにシステムが取引を繰り返す自動取引、指値注文はあらかじめ買値と売値を指示しておく注文方法のこと。ちょっと自分はまだ感情のコントロールができないな……と思ったら、無理せず安全策をとるようにしてみましょう。



 



 

取引口座

  • FXをするためには専用の取引口座が必要になっています。

    それらの口座開設はどこの会社であっても基本的に無料で行うことができます。

    登録はインターネット上で指示に従いながらすれば簡単に登録することができます。

    登録が完了すれば、数日後にログインに必要な情報を郵送で送ってきます。

    送ってきたIDなどを使えばログインできるので、入金をしていなくても、トレードシステムは利用することは できます。

    実際にトレードするには専用の口座にお金を入金する必要があります。

skyb