XM.COM特集





FXは危険性が低い?


dsds皆さんはFXを知っていますか。FXとはforex exchangeの略で、要するに通貨の両替です。

FXは、他の資産運用と比べてたくさんの魅力があります。その一つが少額から始められることです。資産運用の代表格でもある株は、信用取引でもレバレッジが3倍までなので少額では始められません。しかしFXだとレバレッジを最大25倍までかけることができるので、少額でも始められます。ちなみに25倍は国内での話で、海外の業者だと400倍というハイレバレッジをかけられるところもあります。

取引対象が少ないのもFXの魅力の一つです。株の場合何千何万という取引対象の中から選んで売買するのに対して、FXではせいぜい10ペア程の中から選んで取引をします。実際には通貨ペアはもっとたくさんありますが、活発に取引されていて、なおかつ日本人がなじみやすく、取引しやすい通貨ペアとなると10ペア程となるわけです。私のおすすめの通貨ペアはユーロドル、ドル円、ユーロ円です。

そして一番の魅力は、危険性が低いことです。これには異を唱えたり、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。メディアなどでよくFXをやって大損したとか、破産したというのを目にするからだと思いますが、しっかりとリスク管理をすればそんなことは起きません。FXは取引対象が通貨なので、株のように企業が破産することもなければ、余程のことがない限り、取引停止になることありません。もちろんアメリカという国がなくなったり、日本という国がなくなれば別ですが、そのような可能性は、企業が潰れる可能性よりもはるかに低いはずです。またボラティリティも一日にドル円だとせいぜい1円から2円ほどです。これは株などに比べて大変低い数字のはずです。レバレッジを適切にコントロールできれば、一度の取引で資金を吹き飛ばす、ということは起きないことがわかると思います。そして忘れてはならないリスクが流動性のリスクです。株などであれば、買いたい時に買えない、売りたい時に売れないということが起きることが頻繁にありますが、FXの場合、活発に取引されている通貨ペアであればそのようなことは起きません。リスクコントロールについて学びたい方は参考になる情報がネット上に満載に溢れているのでぜひまずは情報集めから、といったところでしょうか。

資産運用を始めたいけど、何から始めたらいいのかわからないという方は、是非FXから始めてみてください。私も今でこそ株や株価指数先物を取引していますが、最初に取引したのはFXでした。そこでリスクを低く抑えて、十分な運用経験を積んでるからこそ今があります。皆さんも株などをやる前にまずFXで十分な運用経験を積むようにしましょう。また、最近人気が高まってきているバイナリーオプションも初心者には入って行きやすいかもしれません。 

投資を行う際には、自分なりにセオリーを構築する事が大切になってきます。

自分なりの方法論が確立されていれば、それなりに大きな利益率が見込めるからです。そして、それは投資のコツにも大きく関わってきます。

例えば、多くの方々は株式投資を行っているのです。ただ100%利益が発生しているとは限りません。株式投資はとても奥が深く、もちろん大きな損失が発生する事もあります。しかも株では、かなり大きな金額を動かす事になるでしょう。時には大きな損失が発生する事例も見られます。

そういった損失率を減らす為に、多くの方々は投資のコツに興味を持っている訳です。それで上記でも触れた株式投資に関するコツとしては、試行錯誤を重ねる事が第一です。それも履歴をよく確認する事が望ましいでしょう。

考え方としては、次の通りになります。まず1ヶ月や1週間などの期間を、自分なりに設定するのです。この後の実験を行う為の期間を決める訳です。

期間を決定したら、今度は自分なりにある方法を試します。仮にそのやり方をAだとします。上記で例えば1ヶ月ほどは実験に集中すると決めたら、その1ヶ月間はひたすらAのやり方で売買を行う訳です。それで利益率を、自分なりに記録します。

それで1ヶ月が経過したら、今度は別のやり方を試すことになるのです。同じくこの時にも、利益率を記録する訳です。

この繰り返しです。AとBを比べて、例えば前者は利益率が10%だったとします。それに対して後者は、利益率が20%だとします。明らかにBの方が成績が良い訳ですから、以後はBのやり方に固定すると良いでしょう。

思えばサラリーマンの方々も、新入社員の内は上記のような試行錯誤を無意識の内に行っています。効率が良い作業のやり方を覚える為に、自分なりに色々な方法を試して、最適な仕事方法を発見するでしょう。その試行錯誤を、投資でも行う訳です。

そもそも投資のコツというのは、セミナーを受けたからと言って、自分でも真似できると限りません。人によって売買のやり方や考え方も異なる訳ですから、むしろ真似できないケースが目立つのです。

ところが自分なりに試行錯誤して考案したやり方は、自分に一番ぴったりなのです。様々なやり方を試した末に発見した方法は、それなりに利益率も高いです。

確かに試行錯誤を行うとなると、それなりに多くの期間を要する事は間違いありません。しかし、それは重要な投資のコツの1つなのです。何回かそれを繰り返せば、間違いなく自分なりの最適方法が見つかります。多少の労力がかかったとしても、怠らずに試行錯誤を行う方が良いでしょう。
 



 

取引口座

  • FXをするためには専用の取引口座が必要になっています。

    それらの口座開設はどこの会社であっても基本的に無料で行うことができます。

    登録はインターネット上で指示に従いながらすれば簡単に登録することができます。

    登録が完了すれば、数日後にログインに必要な情報を郵送で送ってきます。

    送ってきたIDなどを使えばログインできるので、入金をしていなくても、トレードシステムは利用することは できます。

    実際にトレードするには専用の口座にお金を入金する必要があります。

skyb